東京都葛飾区唯一の精神科単科病院

〒125-0041 東京都葛飾区東金町7-33-1

診療時間・外来担当医表
減酒外来のご案内
歯科診療のご案内
空床状況はこちら
訪問看護のご案内
光トポグラフィー検査
カウンセリングのご案内
病院案内パンフレット

Menu

院内活動
画像
退院後どのような生活をしていけばいいかを共に考えます
画像
当院では、臨床心理士によるカウンセリングを行っています
画像
CLASSが提案する新しい入院プログラム

減酒(節酒)外来


減酒(節酒)外来を始めました!

毎週月曜日9:00~11:00まで受付
減酒外来に通院してアルコールと上手に付き合っていきましょう。

対象の方

・お酒、アルコールでお困りの方
・禁酒は難しいと思うので減酒(節酒)から始めたい方
・大量の飲酒をやめたい方
・飲酒が原因で健康診断での肝臓の数値が悪く、減酒(節酒)を考えている方
※まずはご家族のみでの相談も可能です。(自由診療)

アルコール依存症の最も有効である治療法は「断酒の開始と継続」です。しかし、色々な事情で「断酒の開始と継続」がむずかしい患者さんは数多くいらっしゃいます。
減酒外来を受診して、今日から減酒を始めましょう。

減酒外来の治療

「減酒目標の設定」、「飲酒状況の記録」、「定期的な外来受診と専門医からのアドバイス」などの認知行動療法的な治療(心理社会的治療)と「減酒薬(セリンクロ錠)の処方※」などが主な治療内容になります。保険適応外ですが心理士によるカウセリングも可能です。※服用が適切と判断された場合のみ



セリンクロ錠(成分名:ナルメフェン)は2019年3月に発売されたお薬です。
セリンクロ錠は大量飲酒してしまいそうな日に飲酒の1~2時間前に服用します。
セリンクロ錠を服用することによって“お酒を飲みたい”気持ちを弱め、飲酒量を減らします。大量の飲酒を連日してしまいそうな場合は毎日服用することも可能です。

アルコール依存症治療薬にはセリンクロ錠の他にレグテクト錠(成分名:アカンプロサートカルシウム)、 シアナマイド内用液(成分名:シアナミド) 、ノックビン原末(成分名:ジスルフィラム)というお薬があります。これらのお薬が適切と判断され処方されることもあります。

減酒外来について詳しくは(代)03-3607-0891までお電話下さい。
減酒外来のお問い合わせ